どっちもどっち

マスターのblog( CAFE TRES ) で もうご存知かもしれませんが・・・
初めて訪れる素敵な場所で 旅先一番 撮影をしました。
撮り始めて数十枚でマスターが
 「 うわぁ・・・ いいのが撮れたから もう帰ってもいいよ 」 と。
それはよかった♪
でも初めての場所なのでもう少し見学しようよと話し、自由見学していると・・・
雰囲気のある教室に出会い、また少し撮影することにしました。
f0103797_20452238.jpg

そこでようやく・・・
 「 袖が上がっているよ 」 
f0103797_20453926.jpg

えっ?! いつから?! (・・・最初から!!)
あら~ やってしまいました。
ここへ来るまでに 2、3箇所 で撮っていました。
可能なので普通はやり直すのでしょうが、私たちに それ はあり得ません(笑)
こういう淡白なところがきっと私たちに欠けているところなのだろうなぁと
思いながら・・・ 気付いてよ、いや自分で気付かなきゃ、どっちもどっちです。

因みに 「 うわぁ・・・ いいのが撮れたから もう帰ってもいいよ 」
間違いなく上がっています・・・ 袖(笑)
[PR]

by shiho-you | 2013-09-07 20:53 | 写真 | Comments(6)

Commented by higurashi-x at 2013-09-07 22:44
ん~そんな事もあるのですね、マスターでも・・・。
マスターのブログで、マスターが気にしている意味が
分かったような気がします。
あのカットだけかと思ったから、変なコメント入れてしまいました。
98枚、しかも「もう帰ってもいい」と言えるカットが入っていたら
悔やみますよね。
Commented by amakara at 2013-09-08 10:35 x
amakaraは絵画と写真の違いにリアル感(描き直しができないので)があると思っています。
そして人物の写真の場合は画面にまったく隙のない写真より、隙を見せてくれた写真の方がその中に入り込めます。
すみません、隙だらけの写真を撮っているあまからの負け惜しみもありますが。
なので、マスターアップの一枚目のように確かに袖はあがっていても、素敵な表情の写真にすごく惹かれます(#^.^#)。セレクトするときに袖は気になったろうけど、この表情に惹かれて送ってきたか~(送らずにはいられなかったか~)っていう感受性豊かな選者に当たるといいですね(#^.^#)。
Commented by shiho-you at 2013-09-08 10:43
higurashi-xさん、私の方が恥ずかしくて・・・後悔しておりました。
マスターが本当に悔やんでいるなら(?)その時やり直ししていたと
思うので・・・。
ぎらぎらと貪欲に撮影できないのは短所でもありますが、
お互いの性格なのでこればかりは仕方がありません(笑)

ここだけの話ですが・・・
「もう帰ってもいい」 は嬉しい言葉ではありますが、内心不安なのです。
家に帰って、大抵ピントがちょっと・・・だったりするので(!)
最近は「心配だから 念の為もう少し撮っておいて」 とお願いしています(笑)
Commented by shiho-you at 2013-09-08 11:00
amakaraさんの仰る内容が最近私にもよくわかるようになってきました。
そんな話を我が家でもよくするようになりまして・・・
不思議と写真の選び方も変わってきました。
amakaraさんのお写真から多くを学んでおりまして、
真似は到底無理ですので少しでも近づけるように楽しみながら
取り組んでいる次第です。

写真も人生も(?)隙や遊びがないと・・・ね(笑)



袖が眼中になく夢中・・・ の件ですが、
おそらく眼鏡が合っていないか、私を見ていない。
そして私においては皮膚感覚が衰えているか。

夢中でしたら、もう少し枚数が増えるかと・・・(笑)
冷静ですが、抜けているだけです。
Commented by amakara at 2013-09-08 11:04 x
追伸、撮影の時に袖なんてまったく眼中に入らないぐらいshihoさんに魅力を感じ夢中になって撮っていたということですもんね~、そういう撮影にamakaraは憧れますヽ(*´∀`)ノ。
(すみません、お名前間違っちゃったので投稿しなおします)
Commented by shiho-you at 2013-09-08 11:11
わざわざありがとうございます。
チャットしているみたい!(想像ですが・・・笑)